最果ての鉄路の情緒

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

荒天間の凪

雨に風に荒れ泣かされたこの日。
厚い雲を抜けた一瞬、暴れていた太平洋が落ち着いたエメラルドグリーンに。
七変化する海とはこのことですな。

DSC_1610-5_convert_20161029230718.jpg
2016年10月8日 根室本線 尺別-音別
スポンサーサイト
  1. 2016/10/30(日) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

閑けさの谷

秋の閑けさ
炭鉱の街の、夕暮れ。
単行のテールランプが、夕闇に消えてゆく。

_DSC2614-2_convert_20161029125521.jpg
2016年10月15日 夕張線 鹿ノ谷-夕張
  1. 2016/10/29(土) 13:08:32|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

誰そ彼時⑴

陽が落ちる。
光と影に世界を二分されたそんな一瞬の合間を、
ギラギラの飴色に車体を反射させた、そんな列車がやってきた。
水辺の小鳥たちも、家に帰る時間。
「誰そ彼時」

DSC_1959-4_convert_20161028220735.jpg
2016年10月9日 釧網本線 塘路-茅沼


今週末も雪、ですかね。
完全に冬に入ってしまう前に、燃えるようなカラマツを狙いたいですが、どうなることやら。
  1. 2016/10/28(金) 22:25:05|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

東シムカップ

シェルターの向こうに光が見えたと思ったら、
長く、真っ直ぐに引かれた線路を
列車はあっと言う間に駆け抜けて来た。

_DSC2559_convert_20161026092547.jpg
2016年10月15日 石勝線 東占冠(信)-占冠
  1. 2016/10/26(水) 09:36:22|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

闇鉄

明朝から函館なので手短に過去のものを。
現行のフルサイズ機というのは凄いですね。
闇夜でもいくらでも撮れます。

DSC_0438_convert_20161021234316.jpg
2016年9月27日 千歳線・函館本線直通 苗穂-札幌
  1. 2016/10/21(金) 23:51:11|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

全開紅葉射光

雲ひとつない快晴。
しかし昼の2時でも影は長く、陽は低い。
札幌が紅葉、一番おいしい時を迎えるということは、
もう長い冬が始まる、ということの裏返しなのかもしれない。

_DSC2772_convert_20161020193648.jpg
2016年10月19日 旧ソーケシュオマベツ駅逓所前行き



_DSC2656_convert_20161020192205.jpg
同日、移築されてきた旧札幌停車場駅舎。実に紅葉が美しい。
札幌では次の日、雹のち初雪が降り、寒く長い雪の世界に足を踏み入れたのでした。
  1. 2016/10/20(木) 19:19:02|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

赤熊出没注意にて

九十九折りを急いで駆け上がる。
万一のことがあっては手遅れだからだ。
回復してきてくれた天候に感謝して、緊張の1カットを収める。

DSC_2108_convert_20161019085618.jpg
2016年10月10日 石北本線 瀬戸瀬-遠軽
  1. 2016/10/19(水) 09:38:48|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

短くなった。

15時57分。
谷の街の夕暮れは早い。
日没の早さに呼応して出てきた雪虫が
確実に近づく、冬を知らしめる。

DSC_2585_convert_20161018232207.jpg
2016年10月15日 夕張線 新夕張-沼ノ沢
  1. 2016/10/18(火) 23:34:30|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

沢に、谷に、こだまする。

先週末は晴れて、道央道東の紅葉はピークを迎えました。
これは出るしかない、と夕張方面へ。

川面に下りてくると、思わず歓声を
「構図がむずかしい」なんて頭を悩ませていたら
「プシューッ」
速度を落としながら、いつもよりも派手な車両がやってきた。
「ファーン」 と汽笛を残して。

DSC_2488_2_convert_20161017211607.jpg
2016年10月15日 夕張線 清水沢-鹿ノ谷
  1. 2016/10/17(月) 21:18:17|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

しとやかに

小雨ちらつく山間
淑やかな色彩に背を預け
機関車は力強く、はしる。

DSC_2298_convert_20161016174344.jpg
2016年10月10日 丸瀬布いこいの森
  1. 2016/10/16(日) 17:49:45|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

秘望深き夢の地

新夢ケ丘
そのロマンあふれる名の地に辿り着きたいと、
山を這う。

DSC_1850_convert_20161015064901.jpg
2016年10月9日 釧網本線 細岡-塘路

まだ秋、木の葉は茂り、かなり窓は小さかったですが。
次は雪晴れの湿原号を。
  1. 2016/10/15(土) 06:50:53|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

青の彩り

塘路湖、エオルト沼、サルルン展望台。
ハレの日に登ると、そこには艶やかな湖面が。
青、 蒼、 碧、 藍。
列車はその間を、とことことやってきた。

DSC_1918_convert_20161013130531.jpg
2016年10月9日 釧網本線 塘路-茅沼
  1. 2016/10/13(木) 13:39:10|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

四灯のあかり、川のほとり

別寒辺牛川
早朝、一番列車の快速。
一瞬の鏡に、われ歓喜す。

DSC_1714_2_convert_20161012181352.jpg
2016年10月9日 花咲線 厚岸-糸魚沢


最果ての情景は続きます。
お次は華やかなハレの地へ。
  1. 2016/10/12(水) 18:43:13|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

沼の向こうの

馬主来沼
パシクルともパシュクルとも呼ぶそうです。
あいにくの霧雨。いつもよりちょっと短い、代行の臨時快速が駆けて行きました。

DSC_1542_convert_20161011133145.jpg
2016年10月8日 根室本線 音別-古瀬

ようやく最果ての情景をファインダーに。
道東ツアー編が続きます。
  1. 2016/10/11(火) 14:01:56|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

霧を切り裂き

残念ながら濃霧に包まれたお月見運行。
SLはそんな霧の中を邁進す。

2016100622560445b.jpg
2016年9月17日 丸瀬布いこいの森
  1. 2016/10/06(木) 23:06:34|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

愛別にて

先日の丸瀬布への道中の箇所を。
北海道というのは不思議な大地ですよね。これだけ寒くなってもどの田んぼも刈られていない。
それだけに、黄金に輝くシーズンは最高ですね。

DSC_0131_compression.jpg
2016年9月17日 石北本線 伊香牛-愛別



愛別駅停車中にレンズを付け替え奥の線路をのぞむ。
DSC_0175_compression.jpg
2016年9月17日 石北本線 愛別-中愛別

稜線と味のある雲、もう少し工夫したかったですね。
  1. 2016/10/05(水) 01:24:09|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

疾走

お客さんを乗せない回送馬車は、いつもの倍ほどのスピードで急曲線を駆け抜けて行きました。
もう秋です。

DSC_1271 compression
2016年10月2日 回送中
  1. 2016/10/03(月) 18:46:14|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

馬車鉄道

このたび、初めて北海道開拓の村を訪れてまいりました。
移設されてきた北海道開拓期の家屋・建屋が軒を連ね、その中を馬車鉄道が駆け抜けるという、ノスタルジックな雰囲気を楽しめる場所でした。
四季折々の顔を撮って行きたいですね

DSC_1114 compression
2016年10月2日 旧浦河支庁庁舎前行
  1. 2016/10/02(日) 23:20:49|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

プロフィール

Author:[T.P.]
北海道↔︎関西
人と自然、瞬の情景を追い求めて。 Twitter @H733_SPL
Flickr flickr.com/photos/149108951@N07/

最新記事

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

時世を駆ける国電たち (0)
未分類 (89)

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。