最果ての鉄路の情緒

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

春靄

春霞を活かす手はないかと逆光の俯瞰地へ。
山陰路も少しずつ緑が芽吹いてきていますね。

_DSC2275_convert.jpg
2017年3月20日 山陰本線 居組-諸寄


リバイバルの団臨大山号には多くの人が集まったようですが、当方はそこまでの気力もなく、のんびりと温泉と食を堪能した二日間でした。
鳥取や舞鶴、丹後半島付近は何度か訪れましたが香住は初めてで。根室に似た、都市からの行きにくさ故の良さには感激致しました(主に海鮮、そろそろ終わりの蟹ですね)。
根室にも香住にも言えることですが、部分的に開通している高規格道路が全通するとこのレベルの海の幸が手頃に味わえなくなると思うと残念な気もします。
  1. 2017/03/22(水) 16:45:13|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<SL人吉 | ホーム | >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:[T.P.]
北海道↔︎関西
人と自然、瞬の情景を追い求めて。 Twitter @H733_SPL
Flickr flickr.com/photos/149108951@N07/

最新記事

月別アーカイブ

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カテゴリ

時世を駆ける国電たち (0)
未分類 (89)

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。